2010年4月24日土曜日

textext on Ubuntu 10.04 beta

googleでtextextと検索すると自分のブログがやたら上位に現れて困惑している今日この頃です。元々他の方々の成果をそのまま使わせていただいているだけで、リンク先の方々の記述から得られる情報のほうが有用と思われますので、是非そちらもごらんください。

さて仮想マシンにインストールしたUbuntu 10.04 betaのinkscapeでもtextextを使いたいと思い、Ubuntu 9.10でやっていたのと同じ方法で日本語化を試みました。しかし日本語が表示されないので、ターミナルで
pstoedit -f sk hoge.pdf hoge.sk
skconvert hoge.sk hoge.svg
と入力して日本語を含むTeXファイルがうまく変換されているかを確認してみたところ、最初のpstoeditで生成されたskファイルで既に日本語フォントが消滅しているようでした。
pstoeditにplot-svgプラグインを入れてみて
pstoedit -f plot-svg hoge.pdf hoge.svg
と直接変換をしてみても日本語がなくなっているのが確認出来ました。
textext.pyをオリジナルのものに直してみたり、ごにょごにょやって最初の状況が再現出来なくなりましたが、現時点ではpstoeditで日本語を含むpdfファイルをskファイルに変換する際にghostscript関係のエラーが出て止まってしまうようです。
TeX環境をptetex3からptexliveに変えたことが原因かもしれません。

どうしたものかと考えていたのですが、pdf2svgをインストールしたところ、あっさり日本語が通るようになりました。参考までに。