2011年5月25日水曜日

閉塞感

ここ数年はほとんど音楽を聴く気が起きず、CDも一年に数枚から数十枚くらいしか購入していなかったのですが、ここ1ヶ月くらいで既に20枚ほどCDを購入しました。ただ昔に比べて雑誌を読まなくなったので、新しいバンドやアーティストではなく、過去の作品が多くなりがちです。

久しぶりにタワーレコードにいって試聴しまくってきました。
やはり予備知識無しの衝動買いは新鮮でいいですね。
 そんな中良い感じだったのがBenny Singsの"ART"とVery Truly Yoursの"things you used to say"です。どちらも全く知らなかったのですが、過去の作品も気になるところです。
しかし昔に比べて興味の幅が狭くなっていることは否めません。 ジャンルが偏ってきたので新しいところへ斬り込んでいきたいのですが、なかなか見つかりません。

そんなわけでBenny Singsの"ART"からの1st singleらしい"Big Brown Eyes"を貼りつけておきます。CDバージョンと曲が全然違うような気がしますが…


試聴したものの、スルーしてしまったのがSTARFUCKERの"Repitalians"ですが、PVを見たら凄くよかったのでチェックしなければ。さすがのPolyvinylクオリティーです。

しかしPolyvinylのHPを見たところ、Starfuckerといい、Asobi Seksuといい、名前がどうにかならんのでしょうか。後者は日本デビュー出来るのか。


また、いつものようにQ and not Uの解散後の動向を調べてみたところ、John DavisがLaura Burhennという人とGeorgie Jamesというデュオを組んでアルバムを作成していたようです。こちらも既に解散済みで、Davisはtitle tracksというバンドを組み、Laura BurhennはMynabirdsというソロプロジェクトで作品を出しているようです。しかしこのGeorgie Jamesのアルバム"Places"が非常に良いアルバムなので、PVを貼りつけておきます。
曲は3曲目の"Need your Needs"です。Q and not Uの面影が残るポップな名曲だと思います。まあ、Q and not Uっぽいのはこの曲だけですが。


Q and not Uもついでに。


dischordつながりでfaraquetやmedicationsもよさげなので今度購入しよっと。