2011年10月24日月曜日

Ubuntu 11.10でもTeX Live 2011への追加日本語パッチが通った

タイトルの通りですが、TeX Live 2011 への追加日本語パッチについてにおいて10月23日付のtl11supp-111023.tar.xzで
「TeX Live 2011 の上流の SVN branch にあたっている各種パッチを取り込みました」
ということだそうで、このパッチを使うとUbuntu 11.10でもコンパイルが通るようになりました。

ありがたや。ありがたや。

コンパイル時に必要なパッケージはptexliveの動作報告121にあるように

nkf build-essential bison flex libpng12-dev libgd2-noxpm-dev libncurses5-dev libice-dev libxaw7-dev x11proto-print-dev libmotif-dev libt1-5 libfontconfig1-dev cmap-adobe-japan1 cmap-adobe-japan2 gs-cjk-resource

でよいのではないかと思います。libxaw7-devとlibmotif-devはpxdviの外観に関連するもので、パッチのなかにいずれかを選択する項目があるのでいずれか一方だけ入れておけばよいです。libmotif-devだとボタンが立体的で、libxaw7-devだと平面的な感じになります。

このパッチではSyncTeXもサポートされているので試してみたいのですが、Emacs <-> Evinceの間の相互参照でYaTeXを用いるものに関する情報はあまりないようで、自分でどうこうする技量のない他力本願な私はもう少し様子を見てみたいと思います。