2012年9月19日水曜日

Ubuntu 12.04で付箋アプリ

Ubuntu 12.04では以前に標準でインストールされていた付箋アプリケーションのTomboyがインストールされていません。手動でインストールしてみたところ、付箋っぽい体裁をしていなかったので、見た目がいかにも付箋っぽいものを探してみたところXpadというものが見つかりました。
Ubuntuのリポジトリにあるので、

$ sudo apt-get install xpad

などでインストールします。

そのままの状態では自動起動しないので、手動で自動起動するアプリケーションとして設定しなければなりません。Unityパネルの右端のボタンから「自動起動するアプリケーション」を選択して、設定します。

また、xpadを起動をしてみてもUnityのインジケーターパネルに何も表示されないのですが、こちらを参考に登録してみました。最初は記事にあるようにgconf-editorを起動してみても、該当する項目がなかったので、

$ sudo apt-get install dconf-tools

でdconf-toolsをインストールし、端末でdconf-editorを起動します。

$ dconf-editor

「desktop」→「unity」→「panel」と辿って、「systray-whitelist」の値にxpadを書き込んで、ログインし直せば、Unityのパネルにxpadの付箋型のインジケーターが表示されるようになりました。