2013年6月16日日曜日

Mac OS X LionのXQuartzで日本語入力

以前MacPortsからHomebrewへ移行中だということを書きましたが,
結局MacPortsに出戻りしました.理由としては,Inkscapeがビルド出来なかったことと,普段使う細々したツールがHomebrewでは見つからなかったためです.またMacPortsではdjvuファイルのしおりエディタであるdjvusmoothがビルド出来なかったので,Homebrewで出来ることを期待していたのですが,こちらも挫折してしまい,Homebrewを使う利点が無くなってしまいました.

さて,以前からX環境でInkscapeを使っているのですが,標準では日本語入力に対応していないため,日本語入力の際にはエディタからコピペをしなければならず,かなり面倒でした.

Mattintosh noteというブログのXQuartzで日本語入力(MacUIM Mozx)というエントリでそのものずばりな内容が載っていたので,これを試してみました.

こちらの記事にある通りの記述をすれば,X環境でも"Shift+Space"で日本語入力に切り替わるようになりました.システム環境設定のMacUIMの項目から,入力切り替えのホットキーも変更出来るようです.日本語入力が可能になって凄く便利になりました.


2014/05/28追記:OSをMavericksにアップグレードすると日本語入力が出来なくなりました.その場合はXQuartzやMacUIMを再インストールするとよいようです.詳しくはこちらをどうぞ.