2014年6月28日土曜日

MacとUbuntuでのLaTeX実行速度の違い

私が所有しているMacBook Air mid2012はCPUをcore i7のものに変え,メモリは8G積んでいます.Mac上ではMacTeX 2014, 外付けSSD上のUbuntu 14.04上ではTexLive 2014をインストールして,MacではEmacs 24.4.50上のYaTeXから,Ubuntu上ではEmacs 24.3上のYaTeX上からタイプセットを行っています.

Lebesgue積分と関数解析のノートを作っているのですが,ノートが肥大化するにつれてMac上のplatex+dvipdfmxの速度が気になるようになってきました.そこでいま1000ページちょっとあるファイルのタイプセット時間を測ってみると,Macでは118秒, Ubuntuでは35秒と大きな差が出ました.Warningがたくさんでるため,その表示に時間がかかっているのもあるかと思いますが,特にdvipdfmxの実行時間に大きな差があるようです.それにしてもなぜこんなに処理時間が違ってくるのでしょうか.TeXLiveのインストール時間なども,Ubuntuのほうが体感的に速いような気がするのですが,ファイルシステムの違いが大きいのかもしれません.

Ubuntuのターミナル上で「platex --shell-restricted -synctex=1」でタイプセットすると31.2秒, dvipdfmxの処理時間は2.2秒ほどでした.

MacではEmacsでのRefTeXの動作も遅い気がします.Macではラベルのスキャンに要する時間が遅くイライラが募りますが,Ubuntu上のEmacsでは一瞬で終わりストレスがありません.これはMacの方はEmacs 24.4の開発版を使っているのも関係しているのでしょうか.

こんな感じなので,最近はLaTeX文書を書くときにはもっぱら外付けSSDにインストールしたUbuntuを使っています.

追記:2014/07/711:mdframed.styでtikzを使っているのが原因でタイプセットがかなり遅くなっていました.tikzを使わない形式に戻した所,あるファイル(B5のpdfで150ページほど)のタイプセット(YaTeXでplatex+dvipdfmx)はMac上では13〜14秒かかっていたものが7秒弱に,外付けSSD上のUbuntuでは6〜7秒ほどかかっていたものが3秒に,ほぼ倍速になりました.Mac上でもストレスが大分軽減されるようになりましたが,それでもUbuntuのほうが倍速です.