2013年6月20日木曜日

Black Sabbath "13"を購入しました.

Black Sabbathは好きなバンドですが,"Never Say Die"と"Sabotage"は持っておらず,一番好きなアルバムは"Headless Cross"という人間です."Headless Cross"は高校生時代に1日2回をほぼ毎日1年近く聴いていた記憶があるので,少なくともこれまでに500回以上聴いた作品だと思います.自分が聴いたCDの中で最も再生回数が多いかもしれません.

勿論初期Sabbathも好きで,一時期Doom, Storner, Sludge関連の音楽をよく聞いていました.そんな私が新作"13"について言えることは,"スタジオアルバムを16枚以上持っている人にはオススメ"ということです.

"Black Sabbath"を彷彿とさせる1曲目から始まり,"N.I.B"とリフがそっくりな3曲目の"Loner"があるなど,過去のイメージを体現しようとしているアルバムだと思います.個人的に一番気に入ったのはブルース色の強い7曲目の"Damaged Soul"です.デラックスエディションを購入したのですが,Web上で他のどなたかが書かれていたように,Bonus Trackのほうがのびのびと演奏している感があります.

肝心のギターリフはあまり印象に残るものがありませんでした.正直,Heaven and Hellの"The Devil You Know"のほうが良いアルバムだと思います.ライナーノーツにあるように,Heavy Metalになる以前のBlack Sabbathを意識して作られているのが原因かもしれません.Ozzy時代の曲調に戻るにはアイディア不足な感が否めません.Black SabbathのHeavy Metalは曲に何故か気品や威厳のようなものが漂っていて,それが他のバンドには真似のしようがない特徴でもあり,その音も好きなのでこのような印象を持ってしまうのかもしれません.

Black Sabbathの前作"Forbidden"から18年も経っているそうです.Forbiddenはあまり良い評判を聞かないのですが,あれは非常に良いアルバムです.名盤です.今作に入っているギターリフよりも遥かによいリフが詰まっています."13"よりは100倍はよいアルバムです.Tony Iommiは気に入っていないようですが…."13"を手にする前に,"Dehumanizer"や"Forbidden"を購入していない人はそちらから聞くべきだと思います."Cross Purposes"あたりはどっこいどっこいかも.Black Sabbathの過去の作品を全て聴いていないので偉そうなことは言えませんが,"13"を聴くなら過去の作品とHeaven and Hell名義のアルバムを聴いてからでもいいんでないの?ということです.

考えてみると,Black Sabbathのアルバムをリアルタイムで購入したのは"Reunion"と今作だけです."Headless Cross"や"Tyr"は入手当時廃盤になっていて手に入れるのに非常に苦労した記憶があります.